001-003012

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Internet Explorer の現象] 書式編集の文字揃えと箇条書きが、行単位ではなく段落単位で適用されてしまう

種別
クライアント環境の制限事項
機能
  • 書式編集
再現バージョン
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
  • 2.0.4
  • 2.0.5
  • 2.0.6
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
改修バージョン
公開日
2008-05-07
更新日
2013-04-24

【再現手順】

  1. 「トップページ > 社内メール」を開く
  2. 「社内メールを送る」をクリックする
  3. 「本文」で「書式編集」を選択する
  4. 改行を含む段落を入力する
  5. 書式編集バーの文字揃え([左揃]、[中央揃]、[右揃]、[両端揃])をクリックする


→ 現象発生
  カーソルのある段落全体に文字揃えが適用される。

※ 手順5 で箇条書き([番号付きリスト]、[リスト])をクリックした場合も同様の現象が発生します。


ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
本現象は制限事項となります。

Internet Explorer をご利用の場合は、Shift キー + Enter キーで行を新しい段落に送ってから書式を適用してください。

関連記事

関連ワード

browser_ie