001-003315

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

一度削除したユーザーを再度宛先に追加しても、社内メールを受信できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
改修バージョン
3.0.0
公開日
2008-09-05
更新日
2011-01-06

【発生条件】

 

  • ユーザー ID (uid) を 50 で割った余りが同じになるユーザーを宛先に2人以上含む

    ※ ただし、バージョン 2.5.2 のガルーンでは、ユーザーIDにかかわらず、現象が発生します。

    ※ ユーザーID (uid)とは、ユーザーを識別するために割り当てられた数字です。

    ※ ユーザーIDは、次の画面のURLで確認できます。
    • 「システム管理(基本システム) > ユーザー > 組織/ユーザーの設定 > ユーザーの詳細」画面

 

【準備】

 

  • 52 人分のユーザー情報を記載した、CSVファイルを用意する

    例:
    user1 (uid=2)
    user2 (uid=3)
     .....
    user52 (uid=53)

 

【再現手順】

 

  1. ガルーンをサンプルデータなしでインストールする

  2. ガルーンを初期化した後、準備したCSV ファイルを読み込み、52 ユーザーを追加する

  3. user1 でログインし、次の宛先に社内メール A を送信する

    宛先:
    ・ user2
    ・ user52

  4. 社内メール A の宛先から user2 を削除する

  5. user2 でログインし、社内メール A に宛先からの「削除日時」が表示されていることを確認する

  6. 社内メール A を削除する

    この時、ごみ箱からも削除します。

  7. user1 でログインし、社内メール A の宛先に user2 を追加する

  8. user2 でログインし、社内メールの一覧画面を確認する

→現象発生

 社内メール A が表示されない。

 


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.0.0 のガルーン

 

バージョン 3.0.0 のガルーンにバージョンアップした後に次の操作をすると、社内メール A の宛先に再度 user2 を追加できます。

  1. user1 でログインし、社内メールA の「社内メールの宛先変更」画面を表示する

  2. 宛先に user2 が含まれていることを確認し、[変更する]をクリックする

 

 

【関連記事】

 

 

関連記事