001-003319

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

社内メールの宛先から同時に複数のユーザーを削除し、社内メールを削除すると、削除されたユーザーが削除後もその社内メールを閲覧できる場合がある。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
  • 2.0.4
  • 2.0.5
  • 2.0.6
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
改修バージョン
2.5.1
公開日
2010-03-08
更新日
2013-04-16

社内メールの宛先から同時に複数のユーザーを削除し、削除されたユーザーの一部がその社内メールを削除すると、削除された残りのユーザーがその社内メールを閲覧できる場合があります。

 

補足:

  • 本現象が再現している状態でバージョン 3.5.0のガルーンへバージョンアップすると、バージョンアップに失敗します。
    バージョンアップに失敗した場合は、次のエラーが表示されます。
    ----------------------
    バージョンアップスクリプトが異常終了しました。(1)サイボウズオフィシャルパートナー、または販売元にお問い合わせください。
    ----------------------

  • 改修前のバージョンのガルーンをご利用のお客様にご迷惑となりますので、再現手順は記載しません。

【対応方法】

 

該当のユーザーを一度社内メールの宛先に追加し、再度宛先から削除すると、閲覧できない状態に戻ります。

 

補足:

  • 本現象が発生している環境からバージョン 3.5.0へバージョンアップする場合は、一度2.5.4へバージョンアップを行なってから、3.5.0へバージョンアップしてください。

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2013/04/16 バージョン 3.5.0へのバージョンアップに関する内容を追加しました。

    関連記事