001-003403

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

MIMEヘッダーのファイル名がISO-2022-JPの添付ファイルを受信すると、ファイル名が文字化けする場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
  • 2.0.4
  • 2.0.5
  • 2.0.6
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
改修バージョン
2.5.3
公開日
2010-03-08
更新日
2011-06-21

【発生条件】

次の条件を全て満たす場合に、現象が発生する場合があります。

  • メールにファイルが添付されている。

  • メールソース上で添付ファイル名を指定する部分が、エンコードされていないISO-2022-JPで書かれている。
        例:
        Content-Disposition: attachment; filename="アイウエオ.txt"
        ファイル名がISO-2022-JPのファイルが添付されている


【再現手順】

  1. 「発生条件」のメールソースを持つメールAを受信します。

  2. メールの一覧画面を表示します。

  3. メールAの標題をクリックします。

  4. 添付ファイル名を確認します。


→現象発生:
  「メールの詳細」画面の添付ファイルが文字化けします。

補足:

  • 「メールの詳細」画面で[ソースの表示]をクリックすると、メールソースをダウンロードできます。

【対応方法】

次の操作によって、添付ファイル名を表示できる場合があります。

  • メールソースで添付ファイル名を確認します。
    1. メールAの「メールの詳細」画面で[ソースの表示]をクリックします。

    2. テキストエディタでソースを表示します。

    3. メールソース内の添付ファイル名を確認します。
      例:
      Content-Disposition: attachment; filename="(添付ファイル名)"

 

  • 他のメールクライアントでメールを確認します。
    1. メールAの「メールの詳細」画面で[ソースの表示]をクリックします。

    2. ダウンロードしたファイルの拡張子を「eml」に変更します。
      例:
        変更前:source.txt
        変更後:source.eml

    3. Microsoft OutlookまたはMicrosoft Outlook Express等のメールクライアントで手順2のファイルを読み込みます。

    4. 読み込んだメールを確認します。

関連記事