001-003453

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

送信者が削除された社内メールが存在すると、コマンドラインで社内メールを削除できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 2.5.2
  • 2.5.3
改修バージョン
2.5.4
公開日
2010-03-08
更新日
2012-07-11

【現象】
送信者が削除された社内メールが存在すると、コマンドラインで社内メールを削除できない場合がある。

【事前準備】
・ユーザー「user1」「user2」を作成する

【再現手順】
1.user1で、「トップページ > 社内メール」を開き、次の社内メールを送信する
----------------------------
標題:社内メールテスト1
本文:テスト1
宛先:user2
----------------------------

2.「システム管理 > ユーザー > 組織/ユーザーの設定」画面から、user1を削除する
→「システム管理 > ユーザー > ユーザーデータの削除時間の設定」画面に、user1が表示されます。

3.コマンドライン/コンソールで、社内メールを一括削除するコマンドを実行する
Windows版の場合 .\grn.exe -q -C -f code\command\delete_messages.csp exec before=YYYY-MM-DD
Linux版の場合 ./grn.cgi -q -C -f code/command/delete_messages.csp exec before=YYYY-MM-DD

→現象発生
次のエラーが発生し、社内メールの削除が実行されない
Fatal error: Call to a member function on a non-object in /var/www/cgi-bin/cbgrn/code/command/delete_messages.csp on line 136


・ユーザーデータを削除した状態で社内メール削除コマンドを実行する

関連記事