001-003472

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

システム管理の「総メールサイズの一覧」でソートを行うと削除されたアカウントのデータサイズが含まれて処理される

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.7.0
  • 3.5.5
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2010-02-26
更新日
2010-03-08
【現象】
システム管理の「総メールサイズの一覧」でソートを行うと、
削除されたアカウントのデータサイズが含まれて処理される

【事前準備】
・user1にメールアカウントを2つ設定する
・user2にメールアカウントを1つ設定する

【再現手順】
1.user1および、user2のメールアカウントサイズを以下のようにする
※user1のメールアカウントサイズの合計が、user2のメールアカウントサイズより大きい
--------------
(設定例)
・user1のメールアカウント
- userA@cybozu-mailtest.co.jp :5MBのメールデータ
- userB@cybozu-mailtest.co.jp :3MBのメールデータ

・user2のメールアカウント
- userC@cybozu-mailtest.co.jp :6MBのメールデータ
--------------

2.システム管理 > メール > ユーザーアカウント から、メールデータを残す設定にして、user1のアカウント(userA@の方)を削除

3.システム管理 > メール > 総メールサイズの一覧 から「総メールサイズ」を降順に並び替え
※ガルーン 2.5.0以降の場合は、システム管理 > メール > ユーザーのメールサイズの設定 画面

→現象発生
ユーザーの並び順が、user1(3MB)、user2(6MB)の順で表示される

※システム管理 > メール > ユーザーアカウント 画面も同様です

関連記事