001-003496

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

社内メールのデータ量が多いと、コマンドラインを使用した社内メールの一括削除失敗する場合がある。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 2.5.2
  • 2.5.3
改修バージョン
2.5.4
公開日
2010-02-26
更新日
2010-06-23

【現象】
社内メールのデータ量が多いと、コマンドラインを使用した社内メールの一括削除に
失敗する場合がある。

【事前準備】
・社内メールを大量に送信する

【再現手順】

1. コマンドラインを使用して、事前準備で作成した社内メールを一括で削除する

例:
./grn.cgi -q -C -f code/command/delete_messages.csp before=2008-09-30 max_duration=180

→現象発生
次のエラーメッセージが表示され、社内メールの一括削除に失敗する。

*** glibc detected *** double free or corruption (!prev): (メモリアドレス) ***

※削除する社内メールの件数が多い場合に、現象が発生します。
※現象が発生するデータ量はお客様の環境によって異なります。
※本現象が発生した場合、削除済みの社内メールに添付されたファイルの一部が
削除されずに残ります。


【回避方法】
コマンドを実行する際に、削除処理を行う最大時間(5~10分)を設定し、
社内メールを複数回に分けて削除することで、現象を回避できます。

※コマンドを実行する際に、パラメーターに「max_duration」を指定することで
削除処理を行う最大時間を設定できます。

関連記事