001-003499

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「動作環境」画面で表示される「DiskFreeSpace」の値が正しくない。

種別
不具合
機能
  • その他
再現バージョン
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
改修バージョン
2.5.4
公開日
2010-03-08
更新日
2011-07-14

【発生条件】

  • データベースエンジンのディレクトリーとWebサーバーのCGI実行ディレクトリーのディスク、またはパーティションが異なる。

【再現手順】

  1. システム管理画面で、[お知らせ] > [動作環境]の順にクリックします。

  2. 「DiskFreeSpace」を確認します。

 

→現象発生:

 「動作環境」画面で、「DiskFreeSpace」に、次の値が表示されます。

  • Windowsの場合
    「(CGI 実行可能ディレクトリー)\(インストール識別子)」のディスクの空き容量

    例:
    次の設定でインストールを行います。
    • CGI実行ディレクトリー:(CGI 実行可能ディレクトリー)\(インストール識別子)
       C:
      \InetPub\Scripts\cbgrn

    • データベースエンジンのディレクトリー:(データベースエンジンのディレクトリー)\mysql-5.0
       D:
      \Cybozu\mysql-5.0

      →次のディスクの空き容量の値が表示されます。
         C:\InetPub\Scripts\cbgrn

 

  • Linuxの場合
    「(CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)」のパーティションの空き容量

    例:
    インストール時に指定する次のディレクトリーを異なるパーティションに設定します。
    • CGI実行ディレクトリー:(CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)
       /var/www/cgi-bin/cbgrn

    • データベースエンジンのディレクトリー:(データベースエンジンのディレクトリー)/mysq-5.0
       /usr/local/cybozu/mysql-5.0

      →次のパーティションの空き容量の値が表示されます。
         /var/www/cgi-bin/cbgrn

 

→正しい結果:

 「動作環境」画面で、「DiskFreeSpace」に、次の値が表示されます。

  • Windowsの場合
    「(データベースエンジンのディレクトリー)\mysq-5.0」のディスクの空き容量

    例:
    次の設定でインストールを行います。
    • CGI実行ディレクトリー:(CGI 実行可能ディレクトリ)\(インストール識別子)
       C:
      \InetPub\Scripts\cbgrn

    • データベースエンジンのディレクトリー:(データベースエンジンのディレクトリー)\mysql-5.0
       D:
      \Cybozu\mysql-5.0

      →次のディスクの空き容量の値が表示されます。
          D:\Cybozu\mysql-5.0

 

  • Linuxの場合
    「(データベースエンジンのディレクトリー)/mysq-5.0」のパーティションの空き容量

    例:
    インストール時に指定する次のディレクトリーを異なるパーティションに設定します。
    • CGI実行ディレクトリー:(CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)
       /var/www/cgi-bin/cbgrn

    • データベースエンジンのディレクトリー:(データベースエンジンのディレクトリー)/mysq-5.0
       /usr/local/cybozu/mysql-5.0

      →次のパーティションの空き容量の値が表示されます。
         /usr/local/cybozu/mysql-5.0

 

補足:

  • 「common.ini」の「data_dir」 に記載されているディレクトリーを、DiskFreeSpace(空き容量)として参照しています。
    「common.ini」はCGI実行ディレクトリーにインストールされます。

  • Linuxの場合、ハードディスクのマウントの設定によっては、正しい空き容量を表示できません。

    次のいずれかの方法で、「(データベースエンジンのディレクトリー)/mysq-5.0」のディスクまたは、パーティションの空き容量を正しく表示できます。

    • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

      バージョン 2.5.4以降のガルーン


    • 「common.ini」の「data_dir」 に記載されているディレクトリーをデータベースエンジンのディレクトリーに変更します。

      1. Webサーバーが動作しているサーバーマシンで、Webサーバーを停止します。

      2. スケジューリングサービスが動作しているサーバーマシンで、スケジューリングサービスを停止します。

        ▼ FAQ:サービスの停止/起動はどのように行なうのですか?
        http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=654&rid=240

      3. common.iniをテキストエディターなどで開きます。

        補足:
        common.iniは次のディレクトリーに配置されています。
         
        (CGI実行ディレクトリー)/(インストール識別子)/common.ini

        例:
        C:\InetPub\Scripts\cbgrn\common.ini 
        /var/www/cgi-bin/cbgrn/common.ini

      4. 「common.ini」の「data_dir」 に記載されているディレクトリーをデータベースエンジンのディレクトリーに変更して保存します。

        例:
        data_dir = "(CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)"

        data_dir = "(データベースエンジンのディレクトリー)/mysql-5.0"

      5. スケジューリングサービスを起動します。

      6. Webサーバーを起動します。

    関連記事