001-003502

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

開封状況確認の動作モードを自動に設定すると、宛先に差出人を含まない社内メールの「閲覧状況」画面に、差出人の閲覧日時が表示される。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
改修バージョン
2.5.3
公開日
2009-10-08
更新日
2010-03-08

【概要】
開封状況確認の動作モードを自動に設定すると、宛先に差出人を含まない
社内メールの「閲覧状況」画面に、差出人の閲覧日時が表示される。

【事前準備】
・「システム管理 > 社内メール > 一般設定」画面で、開封状況確認の動作
モードを[自動]に設定する
・ユーザー1、ユーザー2を作成する

【再現手順】
1. ユーザー1で「ガルーン 2」にログインし、「ユーザー2」のみを宛先に
設定して社内メールを送信する

※「閲覧状況を確認する」にチェックを入れて送信します。

2. 「トップページ > 社内メール > 送信箱」画面で手順1で送信した社内メールを
開き、閲覧状況詳細を開く

→現象発生
閲覧状況にユーザー1の閲覧日時が表示される。


【回避方法】
・宛先に差出人を含める
・閲覧状況確認モードを「手動」に設定する

関連記事