001-003512

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「Office 4」以前のバージョンから「ガルーン 2」にコンバートするとユーザー情報が正常に表示されない場合がある。

種別
不具合
機能
  • その他
再現バージョン
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.7.0
  • 3.5.5
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
  • 5.9.0
改修バージョン
公開日
2009-10-23
更新日
2010-03-10

【現象】
「Office 4」以前のバージョンから「ガルーン 2」にコンバートすると、
ユーザー情報が正常に表示されない場合がある。

【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
・「Office 4」以前のバージョンから使用している
・「Office 4」以前のバージョンで、ユーザー名簿に項目名が空のカスタマイズ
項目を追加していた
・「Office 6」以降のバージョンにバージョンアップし、「ガルーン 2」に
コンバートした

【再現手順】
1. 「Office 4」をインストールし、ユーザー1、ユーザー2を追加する

2. ユーザー名簿の「カスタマイズ項目の追加」画面を開き、項目名が空の
カスタマイズ項目を追加する

3. ユーザー2のユーザー情報を変更する

手順2で追加したカスタマイズ項目に「テスト」と入力して[変更する]を
クリックします。

4 .「Office 6」にバージョンアップする

5. 「ガルーン 2」バージョン 2.1.3にコンバートする

→現象発生

ケース1:「システム管理(基本システム) > ユーザー > 組織/ユーザーの設定 >
ユーザーの詳細」画面からユーザー1のユーザー情報を開くと、項目名が
空の項目が重なって表示される

ケース2:「システム管理(基本システム) > ユーザー > 組織/ユーザーの設定 >
ユーザーの詳細 > ユーザー情報の変更」画面を開と、エラーが表示され、
カスタマイズ項目より下の項目が表示できない。


【回避方法】
ケース1、ケース2とも、次のいずれかの方法で回避できます。
・項目名が空のカスタマイズ項目が不要な項目の場合、あらかじめ「Office 4」
以前のバージョンで項目を削除しておく
・「Office 4」以前のバージョンで項目名が空のカスタマイズ項目に項目名を設定し、
その後「Office 6」へのバージョンアップおよび、「ガルーン 2」へのコンバートを行なう。

【対応方法】
ケース1、ケース2とも、次の手順で対応できます。
1. 「ガルーン 2」で「システム管理(基本システム) > ユーザー > ユーザー
情報の項目」画面を開き、項目名が空欄の項目の「項目コード」を確認する

2. 次のURLのclid=に、手順1で確認した項目コードを追記して、
「システム管理(基本システム) > ユーザー > ユーザー情報の項目 > 項目の詳細 > 項目の変更」
画面にアクセスする
grn.exe/system/user/user_column_modify?clid=

3. 項目名を入力し、[変更する]をクリックする

関連記事