001-003527

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

自分自身に対して設定したアクセス権が「電話メモポートレット」で有効になる。

種別
不具合
機能
  • 電話メモ
再現バージョン
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
  • 2.0.4
  • 2.0.5
  • 2.0.6
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
改修バージョン
2.5.4
公開日
2009-12-04
更新日
2010-03-23

【現象】
自分自身に対して設定したアクセス権が「電話メモポートレット」で有効になる。

※自分自身に対して設定したアクセス権は設定が無効になり、閲覧/登録が
いずれも可能になるのが正しい挙動です。

【発生条件】
・あるユーザー、そのユーザーが所属している組織、およびそのユーザーが
所持しているロールが、そのユーザー自身の電話メモを閲覧または登録
できない設定にしている。

※セキュリティモデルをREVOKE/GRANTのどちらにしても現象が発生します。

【事前準備】
・「システム管理 > ポータル > ポータルの一覧」画面から任意のポータルに
「電話メモポートレット」を追加する

【再現手順】
1. 「システム管理(各アプリケーション) > 電話メモ > アクセス権の設定」画面で
ユーザー1をクリックする

2. 所属ユーザー一覧の中から、ユーザー1を選択し、[←追加]をクリックする

→アクセス権一覧にユーザー1が追加され、「閲覧」「登録」権限がいずれも
「×」になります。

3. ユーザー1で「トップページ > ポータル」を開き、「電話メモポートレット」
を確認する

→現象発生
ユーザー1自身に対して設定したアクセス権が有効になり、[登録] [閲覧] が
できない。


【回避方法】
・自分自身の電話メモを操作する際は、電話メモポートレットを使用せずに、
電話メモアプリケーションを使用することで、現象を回避できます。

関連記事