001-003578

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

申請者および、承認経路の処理者が「ガルーン 2」から削除されている場合、公開設定を行った申請データが閲覧できなくなる

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
改修バージョン
3.0.0
公開日
2010-03-30
更新日
2010-09-06

【発生条件】
申請者および、承認経路の処理者であるユーザーが、「ガルーン 2」から削除されている申請データ

【事前準備】
1. 次の 3 人のユーザーを登録しておく
   - ユーザー 1
   - ユーザー 2
   - ユーザー 3

2. 「システム管理(各アプリケーション) > ワークフロー > 申請フォー
   ムの一覧」を開き、任意のカテゴリを作成する。

3. 準備 2 にて作成したカテゴリに申請フォームを登録し、有効とする

4. 「システム管理(各アプリケーション) > ワークフロー > 申請データ
   の公開設定」から、準備 2 にて作成したカテゴリに対してアクセス権を次
   のように設定する
   - セキュリティモデル: REVOKE
   - 公開設定一覧: (空)

【再現手順】
1. ユーザー 1 で準備 3 にて作成した申請フォームを使い、ユーザー 2 を承認者と
   する申請データを作成する

2. ユーザー 2 でログインする

3. 手順 1 にて作成した申請データを承認する

4. 「システム管理(基本システム) > ユーザー > 組織/ユーザーの設定」
   からユーザー 1 と ユーザー 2 を削除する

5. ユーザー 3 でワークフローを開き、「公開一覧」から準備 2 にて作成した
   カテゴリを開く

→現象発生
  手順 1 で作成した申請データが表示されない


ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
本現象につきまして有効な回避方法および、対応方法はございません。
今後のバージョンにて改修を行うことを検討しております。

関連記事