001-003675

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

申請フォーム名や申請フォームコードの文字数が100字の場合、コピーを作成すると申請フォーム名や申請フォームコードが重複する

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.7.0
  • 3.5.5
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
  • 5.9.0
改修バージョン
公開日
2010-06-08
更新日
2010-06-08

【再現手順】
1. 「システム管理(各アプリケーション) > ワークフロー > 申請フォームの一覧」から
任意のカテゴリを選択する

2. 「申請フォームを追加する」をクリックし、次の内容の申請フォームを作成する

申請フォーム名 : A
申請フォームコード : aaaaaaaaaabbbbbbbbbbccccccccccddddddddddeeeeeeeeeeffffffffff
gggggggggghhhhhhhhhhiiiiiiiiiijjjjjjjjjj

※申請フォームコードを100文字入力します。

3. 申請フォーム一覧画面にて、手順2で作成した申請フォーム A の
チェックボックスにチェックを入れる

4. [コピーする]ボタンをクリックする

5. 手順4 で作成した Aのコピー の詳細画面を開く

→現象発生
申請フォームコードが手順2 と同じままである

※手順2 で申請フォーム名の文字数が100字の場合は申請フォーム名が重複します。

※申請フォーム「A」「Aのコピー」は、申請フォームコードが重複したままの状態で
申請フォーム情報の編集を行なうとエラー (GRN_WRKF_25053)が発生します。
どちらかの申請フォームの申請フォームコードを変更した上で、情報の編集を行ってください。


本現象につきまして有効な回避方法および、対処方法はありません。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、今後のバージョンにて改修を行って
参りますので、今しばらくお待ちください。

関連記事