009-003728

SP Apps

関心あり
0人の方が関心を示しています。

申請を再利用すると、「代理申請を許可する」の設定に関わらずユーザーが代理申請できる

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 1.0.0
改修バージョン
公開日
2010-06-17
更新日
2010-06-17

【再現手順】
1. SP ワークフローの管理権限を持つユーザーでログインし、「SP ワークフロー
   のトップページ > 管理設定 > 一般設定」画面で「代理申請を許可する」の
   チェックを入れる
2. ユーザーAでログインし、「SP ワークフローのトップページ > 個人設定 >
   代理人の設定」画面で、ユーザーBを代理申請者に設定する
4. ユーザーBでログインし、ユーザーAの代理として、ユーザーCを承認者に設定
   した申請を送信する
5. ユーザーCでログインし、手順2で送信した申請を承認する
6. SP ワークフローの管理権限を持つユーザーでログインし、「SP ワークフロー
   のトップページ > 管理設定 > 一般設定」画面で「代理申請を許可する」の
   チェックを外す
5. ユーザーBでログインし、手順3で承認した申請を再利用して申請する

→代理申請を送信できる。


関連記事