001-003836

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

書式編集でリスト表記を使用すると、Enter キーを押した場合の動作がWebブラウザによって異なる

種別
クライアント環境の制限事項
機能
  • 書式編集
再現バージョン
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
  • 2.0.4
  • 2.0.5
  • 2.0.6
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
改修バージョン
公開日
2010-08-18
更新日
2013-04-24

【再現手順】

  1. 「トップページ > 社内メール」画面を表示する
  2. [社内メールを送る]をクリックする
  3. 「本文」で「書式編集」を選択する
  4. 書式編集の[リスト]または[番号付きリスト]をクリックする
  5. 任意の文字を入力し、 Enter キーを押す

→ 現象発生:
 Internet Explorer の場合:
 リスト項目内で改行される。

 

 Firefox の場合:
 新しいリスト項目が作成される。

 


申し訳ありません。本現象は制限事項です。

 

Internet Explorer での挙動は次のとおりです。

  • Enter: リスト項目内での改行
  • Shift + Enter: 新しいリスト項目

 

Firefox の場合は、での挙動は次のとおりです。

  • Enter: 新しいリスト項目
  • Shift + Enter: リスト項目内での改行

関連記事