009-003852

SP Apps

関心あり
0人の方が関心を示しています。

代理申請を無効に設定しても、無効にする前に表示した画面から代理申請できる

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 1.0.0
  • 1.0.1
改修バージョン
公開日
2010-08-23
更新日
2010-08-23

【再現手順】
1.「SP ワークフローのトップページ > 管理設定 > 一般設定」を開く
2.「代理申請を許可する」にチェックを入れ、[OK]をクリックする
3.「ワークフローのトップページ > 管理設定 > 代理人の設定 (各ユーザーの設定一覧)」
  を開き、ユーザー2を、ユーザー1の代理申請者として設定する
4.ユーザー2でログインし、SP ワークフローのトップページを開く
  →[新しい申請 (代理申請)]が表示されます。
5.別のWebブラウザーを使用して、SP ワークフローの管理権限を持つユーザー
  でログインする
6.「SP ワークフローのトップページ > 管理設定 > 一般設定」を開く
7.「代理申請を許可する」のチェックを外し、[OK]をクリックする
8.手順4で表示されている、[新しい申請 (代理申請)]をクリックする
  →代理申請できる。


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事