016-003936

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

予約語の一覧に「%Section%」が表示されていない場合でも、置き換え処理が行われる。

種別
不具合
機能
  • 一斉配信
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.0.4
  • 4.0.5
  • 4.0.6
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
  • 5.4.7
改修バージョン
公開日
2013-04-25
更新日
2013-04-25

【準備】

  • システム設定で、メールスペースを追加します。

    例:
    メールスペース1

  • アドレス帳で、メールアドレスと会社と部課を設定した顧客を登録します。

  • 登録した顧客のデータを、出力項目を次の順番に設定してCSVファイルに書き出します。

    • メールアドレス
    • 名前
    • 会社名
    • 部課

 

【再現手順】

  1. [一斉配信] > [配信メールを作成する]の順にクリックします。

  2. 配信メールの内容を入力して、[次へ]をクリックします。

  3. 「CSVファイルから読み込んで配信する」を選択して、準備したCSVファイルを指定します。

  4. [配信先を抽出する]をクリックして、一斉配信メールを送信します。

  5. [システム設定] > [メールスペース1] > [アプリケーションの設定] > アドレス帳の[変更する]の順にクリックし、アプリケーションを使用しない設定にします。

  6. [一斉配信]をクリックします。

  7. 手順4で送信した一斉配信メールをクリックします。

  8. [再利用配信]をクリックし、予約語の一覧に「部課 %Section%」が表示されていないことを確認します。

  9. 配信メールの内容を次のように入力します。

    例:
    -------
    件名:%Section%
    本文:%Section%
    署名:%Section%
    -------

  10. [次へ]をクリックします。

  11. [次へ]をクリックします。

 

→現象発生:

 「配信確認」画面で、予約語「%Section%」が部課名に置換されています。

 

補足:

  • 再利用配信したメールを受信した場合も、予約語「%Section%」が部課名に置換されています。

  • 手順5で次の操作をした場合にも、同様の現象が発生します。
    • [システム設定] > [メールスペース1] > 顧客管理の[アクセス権] > [変更する] の順にクリックし、「閲覧アクセス権」がない設定に変更する。

    • [システム設定] > [メールスペース1] > 顧客管理の[個人の項目] > 部課の[変更する] の順にクリックし、項目を使用しない設定にする。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事