001-003945

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux 版の現象]データベースエンジンを停止した状態で Service Pack 1 をインストールすると失敗するが、画面にエラーメッセージが表示されない。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.0.1
改修バージョン
3.0.2
公開日
2010-12-10
更新日
2010-12-10

【発生条件】

 

  • Linux 環境でガルーンを運用している


【再現手順】

 

  1. サーバーマシンのWeb サーバーを停止する

  2. スケジューリングサービスを停止する

  3. データベースエンジンを停止する

  4. Service Pack 1 をインストールする


→現象発生:

 データベースエンジンが自動起動しない。

 次のメッセージが表示され、インストールが終了する。
 --------------------
 Installing the configuration...
 Installing Web files...
 The configuration completed successfully.
 --------------------

 

 ※ install_sp.log には次のメッセージが出力され、インストールの失敗を確認できます。

 --------------------
 Installing the configuration......Error: DB02002
 Failed to connect locally with DB engine.
 --------------------

 

 ※ガルーンにアクセスすると、バージョン番号が 「3.0.0」 と表示されます。


【回避方法】

 

  • ガルーンのデータベースエンジンが動作している事を確認し、Service Pack 1 をインストールする

 

【対応方法】

 

次の操作によって、データベースエンジンを停止した状態でもService Pack 1 をインストールできます。

 

  1. 手順 4 の後、ガルーンのデータベースエンジンを起動する

  2. Service Pack 1 をインストールする

 

関連記事