001-003986

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ガルーン 3 にバージョンアップすると、宛先に含まれているユーザーが他のメッセージを送信していた場合、宛先を変更する権限が付与される。

修正プログラム

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
改修バージョン
3.1.0
公開日
2010-11-16
更新日
2011-08-08

【準備】

 

  1. ガルーン 2 をインストールする

  2. 次のメッセージ(社内メール)を送信する

    ・ メッセージ 1  
      差出人: ユーザー A
      宛先  : ユーザー B

    ・ メッセージ 2  
      差出人: ユーザー B
      宛先  : ユーザー C

 

【再現手順】

 

  1. ガルーン 3 にバージョンアップする

  2. 次のユーザーで受信したメッセージを確認する

    ・ ユーザー B: メッセージ 1 を確認する
    ・ ユーザー C: メッセージ 2 を確認する

 

→現象発生:

 宛先に含まれているユーザーが他のメッセージを送信していた場合、自分が宛先に含まれるメッセージの宛先を変更する権限が付与される。

 例: 
 ・ ユーザー B: メッセージ 1 の宛先を変更する権限がある
 ・ ユーザー Aとユーザー C: メッセージ 2 の宛先を変更する権限がない 

 

※ この現象は、宛先に含まれているユーザーが他のメッセージ(社内メール)を一度でも送信していた場合に発生します。


【サイボウズ株式会社 不具合情報公開サイト ご利用上の注意】
  1. お客様およびパートナー(以下、「お客様等」といいます。)は、 サイボウズが提供する製品またはサービスの不具合に関する情報の収集および 当該不具合の解消を目的とする場合においてのみ、 本規約に記載の条件の下、無償で本サイト上にて提供情報等を使用することができます。
  2. サイボウズは、提供情報等がお客様の要求を満足させるものであること、 正常に作動すること、瑕疵(いわゆるバグ、構造上の問題等を含む)が存していた場合に、 これが修正されること、のいずれも保証いたしません。
  3. サイボウズは、本サイトの利用の結果により、お客様等が何らかの損害を被ったとしても何ら責任を負いません。

詳細



【対応方法】


バージョン 3.0.3のガルーンにバージョンアップして、スクリプトファイルを実行します。


バージョン 3.0.3のガルーンには、メッセージを変更および削除する権限を削除するためのスクリプトファイルが同梱されています。


詳細な手順は、ガルーン 3.0 Service Pack 3のreadme.txtをご確認ください。


補足:

readme.txtは本記事にも添付しています。

 

次の操作によって、メッセージの宛先を変更する権限を「差出人のみ」に付与できます。

  • 「メッセージ > 受信箱 > メッセージの詳細 > メッセージの宛先変更」画面で、「変更/削除の許可」の「差出人のみ」にチェックを入れる

関連記事