001-003989

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

申請データの自動書き出しを有効にすると、書き出されたCSVファイルに最終承認者の設定言語で表示されてしまう項目がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
改修バージョン
3.1.0
公開日
2010-11-04
更新日
2011-06-07

【準備】

 

  1. 「システム管理(各アプリケーション) > ワークフロー > 申請フォームの一覧 > 申請フォームの追加」画面を表示する

  2. 次の設定で申請フォーム A を追加する

    申請データの自動書き出し:
    ・ 「自動的に書き出す」にチェックを入れる
    ・ 申請データを書き出すディレクトリ名に「test」を入力する

  3. ユーザー 2 でログインする 

  4. 「個人設定(共通) > ローカライズ > 一般設定」画面を表示する

  5. 日本語以外の言語を選択する

    例: 「English」

【再現手順】

 

  1. ユーザー 1 で次の条件を満たす申請をする

    ・ 申請フォーム A を使用する
    ・ 標題: 申請 1
    ・ 承認者: ユーザー 2

    ※ ユーザー 2 は最終承認者です。

  2. ユーザー 2 が申請 1 を処理する

  3. 次のディレクトリを確認する

    インストール識別子が「cbgrn」である場合の例:
    ・ Windows版:
       C:\Program Files\Cybozu\mysql-5.0\files\cbgrn\workflow\test
    ・ Linux版:
       /usr/local/cybozu/mysql-5.0/files/cbgrn/workflow/test

  4. 申請 1 のCSVファイルを開く

 

→現象発生:

 最終承認者が個人設定で設定した言語で次の項目が表示される。

  • 状況
    例: 「承認」 → 「Approved」
  • 結果
  • 曜日

 


【回避方法】

 

  • 「システム管理(各アプリケーション) > ワークフロー > 申請データの管理」画面でCSVファイルを書き出す

 

【対応方法】

 

「回避方法」と同じ手順です。

関連記事