001-003993

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

Garoonを運用する複数台のサーバーで設定している時刻がずれていると、既読のメッセージが未読として通知される。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
  • 通知一覧
再現バージョン
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
  • 2.0.4
  • 2.0.5
  • 2.0.6
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
改修バージョン
3.7.0
公開日
2011-01-04
更新日
2018-11-15

バージョン 2.5.4 以前のGaroonをお使いの場合、「メッセージ」を「社内メール」に読み替えてください。

【準備】

  • 次の構成でGaroonをインストールします。

    例:
    ------------
    アプリケーションサーバー:2台
    データベースサーバー:1台
    ------------

  • アプリケーションサーバーの時刻を次のように設定します。

    例:
    ------------
    アプリケーションサーバー1:正常
    アプリケーションサーバー2:アプリケーションサーバー1の時刻より進める
    ------------

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2
    • ユーザー3

  • 最新情報ポートレットを含む、ポータルを作成します。

    例:
    ポータル1

  • ユーザー3で、ユーザー1とユーザー2を宛先に含むメッセージを送信します。

    例:
    メッセージ1


【再現手順】

  1. アプリケーションサーバー2にアクセスし、ユーザー1でメッセージ1を閲覧します。

  2. アプリケーションサーバー1にアクセスし、ユーザー2でメッセージ1を更新します。

  3. アプリケーションサーバー2にアクセスし、ユーザー1でメッセージ1を閲覧します。

  4. ユーザー1でポータル1を表示します。

→現象発生:
 「最新情報ポートレット」に、メッセージ1が未読のメッセージとして表示されます。


補足:

  • 次の画面でも同様の現象が発生します。
    • 「通知一覧」画面
    • 「未確認の通知」画面

【回避方法】

次の操作によって、本現象を回避できます。
  • アプリケーションサーバー2の時刻を正しく設定します。

【対応方法】

次の操作によって、未確認の通知を確認済にできます。

  1. 「通知一覧」画面、または、「未確認の通知」画面を表示します。

  2. 確認済みにする通知のチェックボックスを選択します。

  3. [確認済みにする]をクリックします。


------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2018/11/15 再現バージョンと改修バージョンを更新しました。

関連記事