001-003999

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

運用管理画面でコピーした申請フォームで申請すると、エラーが発生する場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
改修バージョン
3.1.0
公開日
2011-02-17
更新日
2011-06-07

【発生条件】

  • 次の条件をすべてを満たす申請フォームを、運用管理画面でコピーする

    • 申請項目に、次の項目のいずれかを含む

      • 文字列(1 行)
      • 文字列(複数行)
      • 日付
      • ファイル添付

    • 項目のアクセス権を任意に変更してある

    • コピー元の申請フォームの経路が専用経路、かつ、承認経路ステップが複数ある


【準備】

  1. ワークフローの運用管理権限を持つユーザーでログインする

  2. 「ワークフロー > 申請フォームの一覧」画面を表示する

  3. 運用管理権限を持つカテゴリを選択する

  4. [申請フォームを追加する]をクリックし、申請フォーム A を作成する

  5. 申請フォーム A に次のいずれかの項目を追加する

    • 文字列(1 行)
    • 文字列(複数行)
    • 日付
    • ファイル添付

  6. 申請フォーム A に専用経路を作成する

  7. 申請フォーム A に複数の承認経路を作成する

  8. 申請フォーム A を有効にする

  9. 手順 5 で追加した項目のアクセス権を変更する


【再現手順】

  1. ワークフローの運用管理権限を持つユーザーでログインする

  2. 運用管理権限を持つカテゴリの「ワークフロー > 申請フォームの一覧」画面で申請フォーム A をコピーする

  3. 申請フォーム A のコピーに任意の経路を設定する

  4. 申請フォーム A のコピーを有効にする

  5. 申請フォーム A のコピーを使用し、申請する


→現象発生:
 次のエラーが表示される。

 ----------
 エラー (GRN_WRKF_25202)
 「添付ファイルのアクセス権」を設定できません。
 ----------


【回避方法】

 

次の操作によって、本現象を回避できます。

 

  • 「システム管理(各アプリケーション) > ワークフロー > 申請フォームの一覧」画面で申請フォームをコピーする

  •  申請フォームをコピーした後に、項目のアクセス権を変更する


【対応方法】



「回避方法」と同じ手順です。

関連記事