001-004016

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

自分が送信したメッセージにフォローが書き込まれると、未読でも既読のフォローとして表示される。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
改修バージョン
3.1.0
公開日
2011-01-04
更新日
2011-06-07

バージョン 2.5.4 以前のガルーンの場合、「メッセージ」を「社内メール」に読み替えてください。

 

【発生条件】


次の条件をすべて満たす場合に本現象が発生します。

  • 「システム管理(各アプリケーション) > メッセージ > 一般設定」画面で「閲覧状況確認の動作モード」項目を「自動」に設定している

  • 「メッセージの作成」画面で「閲覧状況を確認する」にチェックを入れて、メッセージを送信している 


【再現手順】

 

  1. ユーザー A が ユーザー B にメッセージ 1 を送信する

  2. ユーザー B がメッセージ 1 にフォローを書き込む 

  3. ユーザー A がメッセージ 1 の詳細画面を表示する

  4. 手順 2 で書き込まれたフォローを確認する


→現象発生:
 未読のフォローが既読のフォローとして表示される。

 ※ 既読のフォローは背景色が白色で表示されます。



→正しい結果:
 未読のフォローとして表示する。

 ※ 未読のフォローは背景色が黄色で表示されます。

 


【回避方法】

次のいずれかの操作によって、本現象を回避できます。

  • 「システム管理(各アプリケーション) > メッセージ > 一般設定」画面で「閲覧状況確認の動作モード」項目を「手動」に設定する

  • 「メッセージの作成」画面で「閲覧状況を確認する」のチェックを外して、メッセージを送信する


【対応方法】



「回避方法」と同じ手順です。 

関連記事