001-004020

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「ユーザーの権限」画面で「受信メールサーバーにメールを残す」を「許可しない」に設定すると、ユーザーだけでなく、システム管理者も「受信メールサーバーにメールを残す」設定を変更できなくなる。

種別
不具合
機能
  • メール
  • システム設定
再現バージョン
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
改修バージョン
3.1.0
公開日
2011-01-19
更新日
2011-06-07

【再現手順】

 

  1. 「システム管理(各アプリケーション) > メール > ユーザーの権限」画面を表示する

  2. 「受信メールサーバーにメールを残す」で「許可しない」を選択する

  3. [変更する]をクリックする

  4. 「システム管理(各アプリケーション) > メール > ユーザーアカウント」画面を表示する

  5. 任意のユーザーを選択する

  6. ユーザーアカウント一覧から任意のユーザーアカウントを選択する

  7. [変更する]をクリックする


→現象発生:

 次の現象が発生します。

 

  • 「ユーザーアカウントの変更」画面に、「受信メールサーバーにメールを残す」項目が表示されない。

    この時、受信メールサーバーにメールは残りません。

  • 「サーバーに残す」欄を「LEAVE」に設定した、ユーザーアカウントデータのCSVファイルを読み込んでも反映されない。

    ただし、手順7のあとに書き出したCSVファイルでは、「サーバーに残す」欄が「LEAVE」と記載されています。


※ 「システム管理(各アプリケーション) > メール > ユーザーアカウント > ユーザーアカウント一覧 > ユーザーアカウントの追加」画面で新規のユーザーアカウントを追加しても、同じ現象が発生します。


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.1.0 のガルーン

関連記事