001-004025

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

宛先に含まれるユーザーがメッセージを削除した場合、ファイルに出力されるユーザーの項目名が正しく表示されない。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
改修バージョン
3.1.0
公開日
2011-02-17
更新日
2011-06-07

【再現手順】

   1. ユーザー1、ユーザー2を登録する

   2. ユーザー1でログインする

   3. 次のメッセージを作成し、送信する

  • 標題:メッセージA
  • 宛先:ユーザー1、ユーザー2


   4. ユーザー2でログインする

   5. メッセージA を削除する

   6. ユーザー1でログインする

   7. メッセージAの「メッセージの詳細」画面を表示する

   8. [ファイルに出力する]をクリックし、ファイルを書き出す

→現象発生:
 ファイルに出力されるユーザーの項目名が正しく表示されない。

--------------------
標 題:メッセージA
差出人:ユーザー1
宛 先:ユーザー1
を削除したユーザー:ユーザー2
--------------------

※言語設定が英語の場合は、次のようにファイルが書き出されます。

--------------------
Title:メッセージA
From:ユーザー1
To:ユーザー1
:ユーザー2
--------------------

※言語設定が中国語の場合は、次のようにファイルが書き出されます。

--------------------
标题:メッセージA
发信人:ユーザー1
收信人:ユーザー1
的用户:ユーザー2
--------------------


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.1.0 のガルーン

関連記事