001-004052

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

在席情報が表示される画面をログイン時に表示させると、正しくない在席情報が表示される場合がある。

種別
不具合
機能
  • 在席確認
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
改修バージョン
3.0.3
公開日
2011-04-15
更新日
2011-04-15

【発生条件】

 

次のどちらかの条件を満たす場合に発生します。

  • 「最初に表示するポータル」に、自分の在席情報が表示されるポートレットを配置している

  • ログイン時に表示する画面に、自分の在席情報が表示されるアプリケーションが存在する

 

【準備】

  1. 「システム管理(各アプリケーション) > 在席確認 > 一般設定」で「ログイン時に在席を設定する」にチェックを入れておく 

  2. 次のいずれかのポートレットを含むポータルAを公開する

    • スケジュール(グループ週表示)
    • スケジュール(グループ日表示)
    • 電話メモ
    • ユーザー名簿
    • 在席情報

  3. ユーザー1、ユーザー2を作成する

  4. ユーザー1、ユーザー2を組織Aに所属させる

  5. 「システム管理(各アプリケーション) > ポータル > 最初に表示するポータル」画面で、組織AにポータルAを設定する 


【再現手順】

  1. ユーザー1でログインする

→現象発生:

 初回ログイン時:

  • 準備手順で設定したポートレットに、ユーザー1の在席情報が「登録がありません」と表示される

  • ユーザー2でログインしユーザー1の在席情報を確認すると、「在席」と表示される

  二回目以降ログイン時:

  • ユーザー1でログイン時、準備手順で設定したポートレットに、前回の在席情報が表示される

  • ユーザー2でログインしユーザー1の在席情報を確認すると、最新の在席情報が表示される

 

※現象が発生するポートレットと同じアプリケーション画面をログイン時に表示した場合も、同じ現象が発生します。


【回避方法】

 

次の操作により、最新の在席情報が表示できます。

  • 最初に表示するポータルに、在席情報を含むポートレットを配置しない

 

【対応方法】

 

次の操作により、最新の在席情報が表示できます。

  • ユーザー1でログイン後、画面を再読み込みする 

 

関連記事