001-004120

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ワークフローを再初期化して経路を追加すると、エラーが発生し経路を追加できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
改修バージョン
3.5.0
公開日
2011-06-21
更新日
2012-03-07

【発生条件】

 

バージョン 2.5.0以降のガルーンの場合:


次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • バージョン 2.1.1以前のガルーンからバージョンアップしている。

  • ワークフローを再初期化する。

バージョン 2.1.3以前のガルーンの場合:

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • ガルーンのインストール時に、WebブラウザーにMozilla Firefoxを使用して、ガルーンのシステムを初期化している。

  • バージョン 2.1.1以前のガルーンからバージョンアップしている。

  • WebブラウザーにMozilla Firefoxを使用してワークフローを初期化している。

 

【再現手順】

  1. Mozilla Firefoxでシステム管理画面にログインします。

  2. [基本システムの管理] > [アプリケーション] > [アプリケーション一覧]の順にクリックします。

  3. 「ワークフロー」の[再初期化]をクリックします。

  4. [各アプリケーションの管理] > [ワークフロー] > [経路一覧] > [共有経路の追加する]の順にクリックします。

  5. 各項目に任意の値を設定し、[追加する]をクリックします。

  6. 作成した共有経路の詳細画面を表示します。

→現象発生:
 次のエラーが表示されます。
-------------
エラー (DB01054)
不明なカラムを指定しました。 

原因
Unknown column 'col_deny_change_path' in 'field list' 
-------------

補足:

  • 専用経路の場合も同じ現象が発生します。

    【回避方法】 

    本件を回避するためには内部データの変更が必要です。 
    お手数ですが、オフィシャル パートナー、または弊社テクニカルサポートにお問い合わせください。


    補足: 
    バージョン 2.1.3以前のガルーンで本現象が発生した場合、Internet Explorerでワークフローを再初期化すると回避できる場合があります。

    関連記事