001-004170

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

異なるタイムゾーンに設定された参加者で、通常予定の終了日時が翌日の24時になると、グループ週表示画面で翌日の欄にも予定が表示される。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
改修バージョン
3.5.0
公開日
2011-06-07
更新日
2012-02-24

【準備】

  • 次のタイムゾーンを設定したユーザーを作成します。
    ユーザー1:シンガポール
    ユーザー2:東京

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインします。

  2. [スケジュール]>[予定を登録する]の順にクリックします。

  3. ユーザー2のタイムゾーンの設定で、終了日時が翌日の24時となる予定を登録します。

    例:
    予定の種類:通常予定
    タイトル:スケジュール1
    開始日時:4月19日(火) 8:00
    終了日時:4月20日(水) 23:00
    参加者:ユーザー1、ユーザー2

  4. 「グループ週」タブを表示します。

  5. ユーザー2の、手順3の予定を表示します。

  6. [オプション]で、「各ユーザーのタイムゾーンを適用する」のチェックボックスを選択します。

→現象発生:
 ユーザー2の4月21日のスケジュールに[04/19(火) - 00:00 スケジュール1]と表示されます。


→正しい結果:

  • 4月19日(火)のスケジュールに「09:00 - 04/21(木) スケジュール1」と表示されます。

  • 4月20日(水)のスケジュールに「04/19(火) - 04/21(木) スケジュール1」と表示されます。

  • 4月21日(木)のスケジュールには、何も表示されません。

【回避方法】
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.5.0 のガルーン

関連記事