014-004185

パッケージ版 サイボウズ Office

ごみ箱を使わない設定にすると、迷惑メールの振り分け設定がグレーアウトされる。

           
種別
不具合
機能
  • 個人フォルダ
再現バージョン
  • 8.1.2
  • 8.1.3
  • 8.1.4
  • 8.1.6
  • 9.0.0
  • 9.1.0
  • 9.2.0
  • 9.2.1
  • 9.3.0
  • 9.3.1
  • 9.3.2
  • 9.3.3
改修バージョン
10.0.0
公開日
2012-12-04
更新日
2014-10-31

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に本現象が発生します。

  • 迷惑メールの振り分け条件が指定されていない。

  • ごみ箱機能を使用しない設定にしている。

【準備】

  • 個人フォルダにフォルダを追加します。

    例:
    フォルダ1

【再現手順】

  1. 「個人設定(詳細) > 個人フォルダ > メール・社内メールの振り分け保存の設定」画面を表示します。

  2. 「迷惑メール」の[変更する]をクリックします。

  3. 「振り分け条件」が一つも存在しない状態にします。

  4. 「保存先フォルダ」のドロップダウンリストで、準備で作成したフォルダを選択します。

  5. [変更する]をクリックします。

  6. 「個人設定(詳細) > 個人フォルダ > ごみ箱」画面を表示します。

  7. 「ごみ箱機能」の「ごみ箱機能を使用する」のチェックボックスの選択を外します。

  8. 「個人設定(詳細) > 個人フォルダ > メール・社内メールの振り分け保存の設定」画面を表示します。

→現象発生:

 振り分け保存先のフォルダが削除されていないにもかかわらず、振り分け保存名の「迷惑メール」がグレーアウトされています。


【回避方法】

 

次のどちらかの方法で回避できます。

  • 迷惑メールに振り分け条件を指定します。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

    • バージョン 10.0.0のサイボウズ Office

 

【対応方法】

「回避方法」と同じ手順です。

関連記事