015-004197

デヂエ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ユーザー情報連携の再設定画面にて連携先を再設定すると、アクセス権が引き継がれない。

種別
不具合
機能
  • アクセス権
再現バージョン
  • 8.0.3
改修バージョン
8.0.4
公開日
2013-04-11
更新日
2013-04-11

【準備】

  1. デヂエをインストールします。

    例:
    インストール識別子:cbdb

  2. Office 8をインストールします。

    例:
    インストール識別子:cbag

  3. デヂエで、Office 8とのユーザー情報連携を設定します。

  4. デヂエで、ライブラリを追加します。

    例:
    ライブラリ1

  5. ライブラリ1のライブラリ管理者とアクセス権を設定します。

 

【再現手順】

  1. 準備でインストールしたOffice 8と異なるインストール識別子で、Office 8をインストールします。

    例:
    インストール識別子:cbag8

  2. 準備でインストールしたOffice 8のデータを、手順1でインストールしたOffice 8に上書きコピーします。

    例:
    Windows版の場合

    移行元のOffice 8のデータ:
    C:\Inetpub\Scripts\cbag\cb5\data
    C:\Inetpub\Scripts\cbag\cb5\file
     ↓
    移行先のOffice 8のデータ:
    C:\Inetpub\Scripts\cbag8\cb5\data
    C:\Inetpub\Scripts\cbag8\cb5\file

     Linux版の場合

    移行元のOffice 8のデータ:
    /usr/local/apache2/cgi-bin/cbag/cb5/data
    /usr/local/apache2/cgi-bin/cbag/cb5/file
     ↓
    移行先のOffice 8のデータ:
    /usr/local/apache2/cgi-bin/cbag8/cb5/data
    /usr/local/apache2/cgi-bin/cbag8/cb5/file

  3. 準備でインストールしたOffice 8のodbファイル(office.odb)のファイル名を変更します。

    例:
    Windows版の場合

    変更前:
    C:\Inetpub\Scripts\cbag\cb5\data\office.odb

    変更後:
    C:\Inetpub\Scripts\cbag\cb5\data\office.odb_

    Linux版の場合

    変更前:
    /usr/local/apache2/cgi-bin/cbag/cb5/data/office.odb

    変更後:
    /usr/local/apache2/cgi-bin/cbag/cb5/data/office.odb_

  4. デヂエにアクセスします。

  5. 「ユーザー情報連携の再設定」画面で、連携先を「手順1でインストールしたOffice 8」に再設定します。

  6. デヂエで、ライブラリ1のライブラリ管理者とアクセス権を確認します。

 

→現象発生:
 ライブラリ管理者とアクセス権の情報が引き継がれません。


【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 8.0.4 のデヂエ

関連記事