001-004246

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

使用停止にしたユーザーに、予定の通知および電話メモの通知がメール転送される。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
  • 電話メモ
  • 通知一覧
再現バージョン
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
  • 2.0.4
  • 2.0.5
  • 2.0.6
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
改修バージョン
3.5.3
公開日
2011-05-18
更新日
2012-09-28

【準備】

  • ユーザー1、ユーザー2を追加します。
  • システムメールアカウントを設定します。

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面に、ユーザー1でログインします。

  2. [個人設定] > [各アプリケーションの設定] > [スケジュール] > [予定の通知のメール転送]の順にクリックし、次の設定をします。

    • 予定の通知の転送: チェックボックスを選択
    • 通知を受け取るメールアドレス: 任意

  3. システム管理画面で、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックします。

  4. ユーザー1の「ユーザー情報の変更」画面を表示し、次の設定をします。

    • 使用の停止: チェックボックスを選択

  5. ユーザー2で、次の予定を登録します。

    • 参加者: ユーザー1を含む

→現象発生:

 手順2で設定したメールアドレスに、予定の通知メールが転送されます。

 

補足:

  • 次の画面でメール転送を設定している場合、電話メモでも同じ現象が発生します。
    [個人設定] > [各アプリケーションの設定] >[電話メモ] > [メール転送の設定]

【回避方法】

予定を登録する画面でユーザー1を選択できないように、次のアクセス権を設定します。

  1. システム管理画面で、[各アプリケーションの管理] > [スケジュール] > [アクセス権の設定]の順にクリックします。

  2. ユーザー1の「アクセス権一覧」画面を開きます。

  3. セキュリティモデルに「GRANT(許可の対象を選択する)」を選択します。

  4.  [各アプリケーションの管理] > [電話メモ] > [アクセス権の設定]の順にクリックします。

  5. ユーザー1の「アクセス権一覧」画面を開きます。

  6. セキュリティモデルに「GRANT(許可の対象を選択する)」を選択します。 

関連記事