001-004544

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

閲覧可能なレポートをクリックしても、エラーが表示されてレポートを閲覧できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • マルチレポート
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
改修バージョン
3.1.1
公開日
2011-07-01
更新日
2011-07-19

【発生条件】

  • カテゴリIDの十の位と同じ値の1桁のカテゴリIDを持つアクセス権のないカテゴリが存在する

【準備】

  1. システム管理画面で、[各アプリケーションの管理] > [マルチレポート] > [レポートフォームの一覧]の順にクリックします。

  2. 次のカテゴリを作成します。

  3. カテゴリを作成した時に、割り振られるカテゴリIDが2から20までの19個のカテゴリを作成します。


    補足:
    • カテゴリIDはカテゴリを選択したときのURLに表示されます。
    • カテゴリIDが2の場合に「レポートフォームの詳細」画面を開いたURLは次のとおりです。
      http://(インストールしたサーバーのIP アドレスまたはホスト名)/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi/report/system/form_list?cid=2

  4. カテゴリIDが20のカテゴリ内に、レポートフォームを作成します。

  5. 手順4で作成したレポートフォームを有効にします。

  6. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックします。

  7. 次のユーザーを作成します。
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  8. [各アプリケーションの管理] > [マルチレポート] > [アクセス権の設定]の順にクリックします。

  9. ユーザー1とユーザー2が、ID 2のカテゴリにアクセスできない設定にします。

    補足:
    • カテゴリIDが2の場合に「アクセス権の設定」画面を開いたURLは次のとおりです。
      http://(インストールしたサーバーのIP アドレスまたはホスト名)/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi/report/system/access_index?nid=2

【再現手順】

  1. アプリケーション画面に、ユーザー1でログインします。

  2. 準備の手順4で作成したレポートフォームで、ユーザー2を通知先に含めないレポートを作成します。

  3. アプリケーション画面に、ユーザー2でログインします。

  4. [マルチレポート] > [閲覧可能なレポート]の順にクリックします。

  5. 手順2で作成したレポートをクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが表示されます。
  -------------------------------
  エラー (GRN_RPRT_31154)
  指定されたレポートはアクセスできません。


  原因
  現在ログイン中のユーザーには、このレポートに対してアクセスする権限がありません。

 -------------------------------


【対応方法】

  • 「参加者以外の通知先」にレポートを閲覧できないユーザーを追加します。

    1. ユーザー1で、再現手順の手順2で作成した「レポートの詳細」画面を表示します。

    2. [変更する]をクリックします。

    3. 「参加者以外の通知先」にユーザー2を追加し、[変更する]をクリックします。

関連記事