001-004678

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

申請後のワークフローで、変更されたユーザーの表示名が処理者に表示されてしまう。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
  • 5.9.0
改修バージョン
公開日
2011-07-05
更新日
2011-09-22

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1で承認者にユーザー2を含むワークフローを申請します。

      1. ユーザー1でプリケーション画面にログインします。

      2. [ワークフロー] > [申請する]をクリックします。

      3. 任意の申請を選択します。

      4. 任意の内容を入力して[経路を設定する >> ]をクリックします。

      5. ユーザー2を承認者に選択します。

      6. [内容を確認する >> ] > [申請する]を順にクリックします。

【再現手順】

  1. ユーザー2の名前を変更します。

    例:
    変更前:ユーザー2
    変更後:変更-ユーザー2

  2. 準備で用意した申請の詳細画面を開きます。

 

→現象発生:
 処理者に変更した後の名前が変更されています。

 例:
 変更-ユーザー2

 

→正しい結果:
 処理者に変更する前の名前が表示されます。

 例:
 ユーザー2


 補足:

  • 申請後に処理者の名前を変更した場合、すべての状況で処理者の名前が変更されます。

  • 代理申請を行った場合でも同じ現象が発生します。

  • 代理承認者の名前は変更されません。

  • 回覧者の名前を変更した場合でも同じ現象が発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事