001-004680

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ファイル一括添付を使用している場合、メールサイズの制限値よりサイズの小さいファイルが添付できない。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.1.0
  • 3.1.1
改修バージョン
3.1.2
公開日
2011-07-05
更新日
2011-08-19

【準備】

  1. システム管理画面で[各アプリケーションの管理] > [メール] > [メールサイズの制限]の順にクリックします。

  2. 「送信メールサイズの制限」を1MB以上の値を選択し、[変更する]をクリックします。

    例:
    1MB

  3. [基本システムの管理] > [ファイル] > [一般設定]の順にクリックします。

  4. 「ファイルのサイズ制限」を「送信メールサイズの制限」で設定したサイズよりも小さく設定します。

    例:
    512KB

  5. 「ファイル一括添付」で、「使用する」のチェックボックスを選択し、[設定する]をクリックします。

【再現手順】

  1. アプリケーション画面で、「メールの作成」画面を開きます。

    例:
    [メール] > [メールを送る]の順にクリックします。

  2. 添付ファイルの[選択する]をクリックします。

  3. 「送信メールサイズの制限」で設定したサイズよりも小さく、「ファイルのサイズ制限」で設定したサイズよりも大きいファイルを選択します。

    例:
    700KB

→現象発生:

 次のメッセージが表示され、ファイルが添付できません。
 ----------------

 ファイルをアップロードできません。ファイルサイズが上限値(512KB)を超えています。

 ----------------

 

 補足:

  •  ファイルの上限値は手順4で設定した値が表示されます。

 

→正しい結果:
 「送信メールサイズの制限」で設定した値までのファイルが添付できます。


【回避方法】

「ファイル一括添付」を使用しない設定にします。

  1. システム管理画面で、[基本システムの管理] > [ファイル] > [一般設定]を順にクリックします。

  2. 「ファイル一括添付」で「使用する」のチェックボックスの選択を外して、[設定する]をクリックします。

 

【対応方法】

  • 回避方法と同じ手順です。

  • 「ファイルのサイズ制限」を「送信メールサイズの制限」と同じ値に設定します。

関連記事