001-004682

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

差し戻されたワークフローを再申請する場合、自動計算項目が0と同じという経路分岐条件が機能しない。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
改修バージョン
3.1.3
公開日
2011-07-05
更新日
2011-10-31

【準備】

  1. ワークフローにカテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  2. カテゴリ1に、申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  3. 申請フォーム1に「数値」項目2つを追加します。

    例:
    • タイプ:数値
      項目名:項目1

    • タイプ:数値
      項目名:項目2

  4. 申請フォーム1に「自動計算」項目を追加します。

    例:
    --------------------
    タイプ:自動計算
    項目名:項目3
    計算内容:四則演算[項目1][+][項目2]
    --------------------

  5. 経路を設定します。
    1. [専用経路を設定する]をクリックします。

    2. 任意の内容を入力して、[設定する]をクリックします。

    3. 「承認経路」の[追加する]をクリックします。

    4. 経路ステップを2つ追加します。

      例:
      • 経路ステップ1
      • 経路ステップ2

  6. 条件分岐を追加します。
    1. 「経路の分岐情報」の[設定する]をクリックします。

    2. 項目タイプに自動計算の項目を選択します。

      例:
      --------------------
      項目タイプ:自動計算
      分岐項目:項目3
      --------------------

    3. 「経路分岐条件一覧」の[追加する]をクリックします。

    4. 分岐条件で「自動計算項目が0と同じ」場合に、経路ステップが1つのみ表示される条件を入力して、[追加する]をクリックします。

      例:
      --------------------
      経路分岐名:自動計算項目が0と同じ
      分岐条件:項目3[が次と同じ][0]# の場合、チェックを入れた経路ステップのみを有効にする
      経路: [チェック有り]経路ステップ1
              [チェック無し]経路ステップ2
      --------------------

  7. 申請フォームを有効にします。

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面で、[ワークフロー] > [申請する]の順にクリックします。

  2. 申請フォーム1を選択します。

  3. 項目に0を入力して、[経路を設定する]をクリックします。

    例:
    • 項目1:0
    • 項目2:0

  4. 処理者に任意のユーザーを指定し、[内容を確認する]をクリックします。

    補足:
    • 経路分岐条件が適用されており、経路ステップが1つだけ表示されます。

  5. [申請する]をクリックします。

  6. 手順4で設定したユーザーでログインし、申請を申請者に差し戻します。

  7. 申請者でログインし、差し戻された申請を開きます。

  8. [再申請する] > [経路を設定する]の順にクリックします。

→現象発生:
 設定した経路分岐条件が適用されず、「申請の作成(経路の設定)」画面に経路ステップが2つ表示されます。

 

 補足:

  •  共有経路で経路分岐条件を設定した場合も、同様の現象が発生します。

【対応方法】

 

差し戻された申請を再利用して申請し、差し戻された申請は取り消します。

  1. アプリケーション画面で、[ワークフロー] > [送信一覧]の順にクリックします。

  2. 差し戻された申請をクリックします。

  3. [再利用して申請する] > [経路を設定する] の順にクリックします。

  4. [最新一覧]を開き、差し戻された申請をクリックします。

  5. [申請を取り消す]  > [取り消す]の順にクリックします。

関連記事