001-004753

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

コマンドラインから受信メールを削除する場合、「max_duration」パラメータが機能しない。

種別
不具合
機能
  • ベース
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
改修バージョン
3.1.2
公開日
2011-07-28
更新日
2011-09-02

【準備】

  • コマンドラインから、受信メールの削除に1分以上かかるファイルサイズのメールを受信します。

【再現手順】

  1. コマンドラインを開きます。

  2. CGI実行ディレクトリーに移動します。
    例:
    Windows:IISの場合
    cd C:\Inetpub\scripts\cbgrn

    Windows:
    Apacheの場合
    cd C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\cgi-bin\cbgrn

    Linuxの場合

    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn

  3. 受信メールを削除するコマンドを実行します。
    Windows版の場合
    .\grn_command -f code\command\delete_mails.csp before=2011-08-01 max_duration=1 exec

    Linux版の場合
    ./grn_command -f code/command/delete_mails.csp before=2011-08-01 max_duration=1 exec

→現象発生:
 1分を超えても、削除処理が停止しません。

 

→正しい結果:

 「max_duration」で指定した時間に、処理が停止します。


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。 
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。 

  • バージョン 3.1.2 のガルーン

関連記事