004-004763

リモートサービス

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Internet Explorerの現象]ガルーンでファイルをダウンロードするとファイル名が文字化けする場合がある。

種別
不具合
機能
  • 通信
再現バージョン
  • 2.1.2以下
  • 2.2.0
  • 2.2.1
  • 2.2.2
改修バージョン
2.3.0
公開日
2011-12-08
更新日
2011-12-08

【発生条件】

次のすべての条件を満たす場合に発生します。

  • Internet Explorer を利用している。

  • バージョン2.2.2以前のリモートサービス経由でガルーンにアクセスしている。

  • 日本語以外のクライアントOSを使用している。

  • common.iniの[File_Download]セクションのcontent_disposition_filename項目を"1"に設定している。

     補足: 
    • 「content_disposition_filename」項目の初期設定は"1"に設定されています。

    • common.iniを次の場所に配置します。
      (CGI 実行可能ディレクトリ)/(インストール識別子)/common.ini

        例:
         Windowsの場合:
         C:\Inetpub\scripts\cbgrn\common.ini

         Linuxの場合:
         /var/www/cgi-bin/cbgrn/common.ini

【準備】

  • 次のいずれかのガルーンを用意します。
    1. バージョン3.0.0のガルーンにLanguage Packをインストールする。
    2. 1のガルーンを3.0.1、3.0.2、または、3.0.3のガルーンへバージョンアップする。
    3. バージョン3.1.0以降のガルーンをインストールする。

  • バージョン 2.2.2以前のリモートサービスをインストールし、ガルーンを設定します。

  • 中国語のクライアントOSからリモートサービス経由でガルーンにアクセスできることを確認します。 

  • ファイル名に中国語の文字を含む、ファイルAを作成します。

【再現手順】

  1. ガルーンのアプリケーション画面で、用意したファイルAを任意のアプリケーションに添付します。

  2. 中国語のクライアントOSからリモートサービス経由でガルーンにアクセスします。

  3. 手順1で添付したファイルをダウンロードします。

→現象発生:
 ファイル名が文字化けします。

 

 補足:

  • 文字化けが発生しない文字もあります。

  • 中国語以外のファイル名のファイルでも現象が発生します。

  • ファイルを添付できるすべてのアプリケーションで現象が発生します。

【回避方法】

次の方法で現象を回避できます。

  • バージョン 2.3.0以降のリモートサービスにバージョンアップします。 

    補足:
    本現象は、バージョン 2.3.0のリモートサービスで改修しております。

    •  2.3.0における改修内容
      [Internet Explorer の現象]ダウンロード対象のファイル名に中国語が使われている場合、文字化けする不具合を改修しました。

     

【対応方法】

回避方法と同じ手順です。

関連記事