001-004836

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

DB分割構成でメールの[ソースを表示]をクリックすると、ダウンロードされるファイル名が正しくない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
改修バージョン
3.1.3
公開日
2011-08-25
更新日
2011-10-31

【発生条件】

 

次の条件を満たす場合に発生します。

  • DB分割構成のガルーンを使用している。

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインします。

  2. [メール]をクリックします。

  3. 任意のメールの詳細画面を開き、[ソースの表示]をクリックします。

  4. 各ブラウザでファイルをダウンロードします。
→現象発生: 
 
  • Internet Explorerの場合:

     バージョン 3.0.3以前:

    • [開く]をクリックした場合、ブラウザ内でメールソースが表示されます。

    • [保存]をクリックした場合、「source」というファイル名でメールソースがダウンロードされます。

      補足:
        Internet Explorer 9の場合、バージョン 3.1.0以降と同様の動作です。 

     バージョン 3.1.0以降:

    • [開く]をクリックした場合、「source.csp」というファイル名でテキストエディタが開きます。

    • [保存]をクリックした場合、「source.csp」というファイル名でメールソースがダウンロードされます。

     

  • Mozilla Firefoxの場合:

    • 「ファイルを保存する」を選択した場合、「source.csp」というファイル名でメールソースがダウンロードされます。

    • 「プログラムで開く」を選択した場合、「source.csp.txt」というファイル名でテキストエディタが開きます。

 補足:

  • ソースの内容に問題はありません。

 

→正しい結果:
 「source」というファイル名でテキストエディタが開く、もしくはメールソースがダウンロードされます。


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事