001-004854

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メッセージ閲覧状況ポートレットと未確認メッセージポートレットで、メッセージの送信日時がすべて同じになる。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
改修バージョン
3.1.3
公開日
2011-08-26
更新日
2011-10-31

【準備】

  1. アプリケーション画面で、[個人設定] > [各アプリケーションの設定] > [ポータル] > [Myポータルの一覧] > [Myポータルを追加する]の順にクリックします。

  2. 任意のMyポータル名を入力して、[追加する]をクリックします。
     
    例:
    ポータルA

  3. 追加した手順2のポータルの詳細を開きます。

  4. 任意の[この位置に追加]をクリックし、[メッセージ閲覧状況]ポートレットを追加します。

  5. 任意の[この位置に追加]をクリックし、[未確認メッセージ]ポートレットを追加します。

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面で[メッセージ] > [メッセージを送る]の順にクリックします。

  2. 任意の内容で、標題と宛先を入力します。

  3. 「閲覧状況を確認する」にチェックを入れ、[送信する]をクリックします。

  4. 異なる時間に再度、「閲覧状況を確認する」にチェックを入れた、任意のメッセージを送信します。

  5. ポータルAを表示します。

→現象発生:

  • メッセージ閲覧状況ポートレットの作成日時が全て、最も古いメッセージと同じ時間で表示されます。

  • 未確認メッセージポートレットの更新日時が全て、最も新しいメッセージと同じ時間で表示されます。


 補足:

  • システム管理画面で、ポータルを設定した場合も同様の現象が発生します。 

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事