001-005028

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

バージョン3.1.0のガルーンを、サーバー分離構成・DB分割構成で構築している場合、Service Packのインストールに失敗する。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.1.1
  • 3.1.2
改修バージョン
3.1.3
公開日
2011-09-05
更新日
2011-11-28

【発生条件】

  • サーバー分離構成もしくはDB分割構成でバージョン3.1.0のガルーンを使用している。

  • ガルーン 3.1 Service Pack 1または、ガルーン 3.1 Service Pack 2を適用する。

【再現手順】

  1. バージョン3.1.0のガルーンで、サーバー分離構成を構築します。

  2. データベースサーバーに、Service Packを適用します。

  3. アプリケーションサーバーにService Packを適用します。

→現象発生:

 次のエラーが表示され、インストールが完了しません。

 

 Windowsの場合:

------------------

 セットアップを開始するための初期化処理に失敗しました。

 ------------------

 Linuxの場合:

 ------------------

 Service Pack の設定に失敗しました。(1) サイボウズにお問い合わせください。

 ------------------

 

補足:

DB分割構成でService Packを適用する場合は、次のエラーが表示されインストールが完了しません。

 ------------------

 [Tue, 22 Nov 2011 17:56:17 +0900] Error: DB01061

 An index exists with the same name.

 Cause:
 Duplicate key name 'idx_reserve_int1'

 Counter Measure:
 Contact Cybozu Technical Center.

 [Tue, 22 Nov 2011 17:56:17 +0900] ! Execute failed '/usr/local/cybozu/cbgrn/grn_command -f /usr/local/cybozu/cbgrn/tmp/update_after_massive.csp 310'. returned 1.
 [Tue, 22 Nov 2011 17:56:17 +0900] ! failed running versionup_after scripts.
 [Tue, 22 Nov 2011 17:56:17 +0900] !! Garoon3.1 sp2 install failed.
 [Tue, 22 Nov 2011 17:56:17 +0900]
 [Tue, 22 Nov 2011 17:56:17 +0900] !!! Install failed.

 ------------------


【回避方法】

サーバー分離構成の場合:

アプリケーションサーバーでService Packを適用する場合は、garoon.iniのバージョン番号を事前に変更しておくことで回避できます。

  1. アプリケーションサーバーで、Webサーバーを停止します。

  2. スケジューリングサービスが動作しているサーバーマシンで、スケジューリングサービスを停止します。

  3. アプリケーションサーバーのgaroon.iniのバージョン番号を変更します。

    変更前
    --------------
    version = "3.1.0"
    --------------

    変更後
    --------------
    version = "3.1.2"
    --------------

    補足:
    garoon.iniは次のディレクトリーに配置されています。
    /(cgi実行ディレクトリー)/(インストール識別子)/garoon.ini


  4. Service Packを適用します。

  5. スケジューリングサービスを起動します。

  6. Webサーバーを起動します。

    • すべてのアプリケーションサーバーで、Service Pack適用前に手順3を実行します。

 

DB分割構成の場合:

2台目以降のサーバーでService Packを適用する場合は、garoon.iniのバージョン番号を事前に変更しておくことで回避できます。

  1. アプリケーションサーバーで、WebサーバーとMemcacheを停止します。

  2. スケジューリングサービスが動作しているサーバーマシンで、スケジューリングサービスを停止します。

  3. 1台目のサーバーにService Packを適用します。

  4. 2台目のサーバーで、garoon.iniのバージョン番号を変更します。

    変更前
    --------------
    version = "3.1.0"
    --------------

    変更後
    --------------
    version = "3.1.2"
    --------------

    補足:
    garoon.iniは次のディレクトリーに配置されています。
    /(cgi実行ディレクトリー)/(インストール識別子)/garoon.ini

  5. 2台目のサーバーにService Packを適用します。

    補足:
    Service Packの適用が必要なサーバー全てで同様の作業を実施します。

  6. スケジューリングサービスを起動します。

  7. WebサーバーとMemcacheを起動します。

    • すべての作業対象サーバーで、Service Pack適用前に手順4を実行します。

【対応方法】

サーバー分離構成の場合:

エラーが表示されたあと、再度Service Packの適用を実行します。

 

DB分割構成の場合:

エラーが表示されたあと、再度Service Packの適用を実行します。

関連記事