014-005181

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

オープン統合認証 ver.2有効時にログイン名を変更すると、ログインユーザーが別ユーザーになる場合がある。

種別
不具合
機能
  • 連携認証
再現バージョン
  • 8.1.2
  • 8.1.3
改修バージョン
8.1.4
公開日
2011-11-30
更新日
2014-10-06

【準備】

  1. 次のユーザーを登録します。

    例:
    • ユーザー1(ログイン名:111)
    • ユーザー2(ログイン名:222)

  2. オープン統合認証 ver.2を設定します。

 

【再現手順】

  1. ユーザー1(ログイン名:111)でログインします。

  2. 別のWebブラウザーで、「トップページ」 > [システム設定] > [基本設定] > [ユーザー]の順にクリックします。

  3. 「ユーザーの設定」画面で、[変更する]をクリックします。

  4. ユーザー1とユーザー2を「ユーザー情報の変更」画面で次のように変更し、[変更する]をクリックします。

    例:
    • ユーザー1(ログイン名:333)
    • ユーザー2(ログイン名:111)

  5. 手順1の画面を更新します。

 

→現象発生:

 ユーザー2でログインしている状態になります。

補足:

 ログイン名でのログイン状態を引き継いでいる状態になります。


【回避方法】

 

次のどちらかの方法で回避できます。

  • 「ユーザー情報の変更」画面で、ユーザー2のログイン名を111以外に設定します。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
    • バージョン 8.1.4 のサイボウズ Office


【対応方法】


「回避方法」と同じ手順です。

関連記事