001-005268

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

Content-Type内のcharsetにISO-2022-JP-2が指定されている場合、メールの本文が文字化けする場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
改修バージョン
3.5.0
公開日
2012-01-26
更新日
2012-02-24

【発生条件】


次の条件を満たすメールを受信すると、現象が発生する場合があります。

  • Content-Type内のcharsetにISO-2022-JP-2が指定されている

  • Content-Transfer-Encodingにquoted-printableが指定されている

    メールソースの例:
    --------------------------------------------------------------------
    Return-Path: user1@xxxxx.co.jp
    Received: from xxxxx by xxxxx ; Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
    Date: Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
    Subject: Sample_Mail
    From: user1
    To: user2@xxxxx.co.jp
    Message-Id: <12345678901234567890123457890@xxxxx.co.jp>
    X-Mailer: xxxxxxxxxx
    mime-version: 1.0
    Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP-2
    Content-Transfer-Encoding: quoted-printable

    =1B$B$h$m$7$/$*4j$$$7$^$9!#=1B(B
    --------------------------------------------------------------------


【再現手順】

  1. 「発生条件」を満たすメールを受信します。

  2. アプリケーション画面にログインします。

  3. メールの一覧画面で、受信箱をクリックします。

  4. 手順1で受信したメールの標題をクリックします。

→現象発生:
 文字化けが発生し、本文を表示できません。

 

補足:

「メールの詳細」画面で[ソースの表示]をクリックすると、メールソースをダウンロードできます。


     

    【対応方法】

     

    次のどちらかの操作で、メール本文を正常に表示できる場合があります。

     

    • [文字コードを設定する▼]から「(自動選択)」を選択します。


    • 他のメールクライアントでメールを読み込みます。
      1. メールの「メールの詳細」画面で[ソースの表示]をクリックします。
      2. ダウンロードしたファイルの拡張子を「eml」に変更します。

        例:
        変更前:source.txt
        変更後:source.eml

      3. OutlookまたはOutlook Expressなどのメールクライアントで、手順2のファイルを読み込みます。
      4. 読み込んだメールを確認します。

     

      関連記事