001-005323

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

申請処理中にフォームの「ファイル添付」項目が削除されると、エラーが表示され申請できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 3.5.0
改修バージョン
公開日
2012-02-24
更新日
2012-05-25

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • 申請フォームの項目タイプに「ファイル添付」が含まれる。

 

【準備】

  • 次のユーザーを作成します。
    • ユーザー1
    • ユーザー2:システム管理権限あり

     

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインします。

  2. [ワークフロー] > [申請する]をクリックします。

  3. 発生条件を満たす申請フォームを選択し、項目に入力して[経路を設定する >> ]をクリックします。

    補足:
    ファイルの添付有無に関係なく、現象は再現します。

  4. 任意の経路を設定し、[内容を確認する >> ]をクリックします。

  5. 別ブラウザを利用して、ユーザー2でシステム管理画面にログインします。

  6. [各アプリケーションの管理] > [ワークフロー] > [申請フォームの一覧]の順にクリックします。

  7. 発生条件を満たす申請フォームを選択し、「申請フォームの項目一覧」から「ファイル添付」項目を削除します。

  8. ユーザー1で、手順4の画面にて[申請する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが表示され、申請を完了できません。

 --------------

 エラー (PHP00002)

 予期しないエラーが発生しました。

 --------------

 

補足:

次の手順でも、同様の現象が再現します。

  1. 手順2まで実行し、「申請の作成(内容の入力)」画面を表示します。

  2. 別ブラウザを利用して、ユーザー2でシステム管理画面にログインします。

  3. [各アプリケーションの管理] > [ワークフロー] > [申請フォームの一覧]の順にクリックします。

  4. 発生条件を満たす申請フォームを選択し、「申請フォームの項目一覧」から「ファイル添付」項目を削除します。

  5. ユーザー1で、「申請の作成(内容の入力)」画面で[下書きとして保存する]をクリックします。

 


【対応方法】

php.iniファイルのerror_reportingの設定値を変更することで対応できます。

例:
変更前
------------------------------
error_reporting = E_ALL
------------------------------

変更後
------------------------------
error_reporting = E_ERROR|E_PARSE|E_CORE_ERROR|E_COMPILE_ERROR|E_USER_ERROR
------------------------------

補足:

  • php.iniは次のディレクトリーに配置されています。
    (cgi実行ディレクトリ)/(インストール識別子)/php.ini

  • バージョン 3.5.1以降のガルーンにバージョンアップすると、error_reportingの設定値が変更後のものへ書き換わります。
    このためバージョン 3.5.1以降のガルーンでは、上記の変更は不要です。



------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2012/04/23 対応方法を追記しました。
2012/04/19 記事に「error_reporting」タグを追加しました。
2012/05/25 対応方法に補足を追記しました。

関連記事

関連ワード

error_reporting