001-005423

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

削除した共有ToDoの通知をヘッダーから確認すると、エラー画面に遷移し、通知が未読のままとなる。

種別
不具合
機能
  • スペース
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
改修バージョン
4.2.6
公開日
2012-02-24
更新日
2018-11-29

【準備】

  • 次のユーザーを作成します。
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • スペースを作成します。

    例:
    スペース名:スペースA
    メンバー:ユーザー1、ユーザー2

 

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインします。

  2. [スペース] > [スペースA] > [共有ToDoを追加する]の順にクリックします。

  3. 「担当者」にユーザー2を追加し、[追加する]をクリックします。

    例:
    ToDo名:ToDo-A
    担当者:ユーザー2

  4. [ToDo-A] > [削除する] > [はい]の順にクリックし、ToDoを削除します。

  5. ユーザー2でアプリケーション画面にログインします。

  6. ヘッダーの[最新情報▼]をクリックし、手順4で削除した「ToDo-A」の通知をクリックします。

→現象発生:

 次のエラーが表示され、通知が未読のままとなります。

 ---------------
 エラー (GRN_SPACE_TODO_00001)
 指定されたToDoは存在しません。

 原因

 ToDoの指定が誤っているか、ToDoがすでに削除されています。
 ---------------

 

→正しい結果:

 スペース画面へ遷移し、次の文言が表示され通知は既読となります。

 ---------------
 このToDoは削除されました。

 ---------------


【対応方法】

次のどちらかより通知を閲覧することで、通知を既読にできます。

  • 通知一覧

  • 最新情報ポートレット


------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2018/11/29 再現バージョンと改修バージョンを更新しました。

関連記事