016-005442

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

退避に失敗した場合のロールバック処理で、戻せないファイルがある。

種別
不具合
機能
  • 過去データの退避
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
改修バージョン
4.0.4
公開日
2011-11-25
更新日
2013-04-23

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 退避に指定された日付以降のデータに、ファイルが添付されている。

  • 過去データの退避に失敗している。

【再現手順】

  1. 訪問履歴を作成します。

    例:
    件名:訪問履歴A
    日時:2011年2月1日以降
    添付ファイル:あり

  2. 退避処理で、エラーを発生させます。

    補足:
    次の操作で訪問履歴に不整合が発生します。

    1. 日時が 2011/1/31 以前の訪問履歴Bを登録します。

    2. サーバーマシンで次のファイルをコピーします。
      • (インストールディレクトリ)/mw/data/form/findex.odb
      • (インストールディレクトリ)/mw/data/form/findex.mrr

      補足:
      formは、訪問履歴一覧画面を表示したときのURLの「bs=」の値です。

    3. 訪問履歴Bを削除します。

    4. findex.odb とfindex.mrr を上書きコピーして戻します。

    5. 訪問履歴一覧画面に「エラー番号:401」が表示されます。

  3. 訪問履歴Aの添付ファイルをダウンロードします。

 

→現象発生:
 添付ファイルの中身が空で表示されます。


補足:

  • メールアプリケーション、電話履歴でも本現象は発生します。

  • 受信メールはメールソースも削除されます。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 4.0.4 のメールワイズ

関連記事