001-005546

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Windows版の現象]サーバー分離構成で3.1.0へバージョンアップした場合、ログイン後のセッションが保持できない。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.1.0
改修バージョン
3.5.0
公開日
2011-12-09
更新日
2012-01-20

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • バージョン2.5.Xまたは3.0.Xのガルーンをサーバー分離構成で運用している。

  • バージョン3.1.0のガルーンへバージョンアップする。

 

【準備】

  • バージョン 2.5.Xのガルーンでサーバー分離構成の環境を構築します。

 

【再現手順】

  1. 準備で構築したバージョン2.5.Xのガルーンを、3.1.0へバージョンアップします。

    補足:
    バージョンアップの手順はインストールマニュアルをご確認下さい。

    ▼サーバー分離構成インストールマニュアル
    http://manual.cybozu.co.jp/garoon3/

  2. 任意のユーザーでログインし、任意のリンクをクリックします。

→現象発生:

 画面遷移せず、ログイン画面が表示されます。


【回避方法】

バージョンアップ前に次の操作を行なうことで回避できます。

  • データベースサーバーのcommon.iniで、セッションファイル保存ディレクトリの指定を変更する。

    データベースサーバーのcommon.iniの[Session]セクションを、次の内容に変更します。

    変更前:
    --------------------------
    save_path = "C:/Inetpub/scripts/cbgrn/sessiondata/"
    --------------------------

    変更後:
    --------------------------
    save_path = "C:/Inetpub/scripts/cbgrn/sessiondata/sessionfiles"
    --------------------------

    補足:
    • 上記は「sessiondata」フォルダ以下に「sessionfiles」フォルダを作成した場合の記載例です。

    • common.iniは次のディレクトリに配置されています。
      (CGIディレクトリ)\(インストール識別子)\common.ini

 

【対応方法】

次の操作を行なうことで対応できます。

  • セッションファイルの保存ディレクトリを再作成する。

    1. データベースサーバーのセッションファイル保存ディレクトリを確認します。

      例:
      (CGIディレクトリ)\(インストール識別子)\sessiondata

    2. 「sessiondata」フォルダ以下に手動で作成したフォルダが削除されているので、再作成します。

      例:
      (CGIディレクトリ)\(インストール識別子)\sessiondata\sessionfiles


      補足:
      詳細な設定手順はマニュアルにてご確認下さい。

       ▼サーバー分離構成インストールマニュアル
      http://manual.cybozu.co.jp/garoon3/

 

補足:
アプリケーションサーバー側の「grn.exe」の匿名アクセスの設定が初期化されている場合がありますので、
この場合は再設定を行なってください。

関連記事