001-005684

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Windows版の現象]IPv6の設定を有効にした状態でバージョン3.5.0へバージョンアップすると、バージョンアップに失敗する。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.5.0
改修バージョン
公開日
2012-03-02
更新日
2012-03-19

【発生条件】

  • Windows Server 2003環境を利用している。

  • IPv6の設定が有効になっている。


【準備】

  1. IPv6の設定が有効になっているWindows Server 2003環境を構築します。

  2. バージョン 3.1.3以前のガルーンをインストールします。


【再現手順】

  1. バージョン 3.5.0のガルーンへバージョンアップします。

→現象発生:
 次のエラーが表示されます。
 --------------------
 データベース管理ユーザーの作成に失敗しました。
 --------------------


 また、[OK]をクリックすると次のエラーが表示され、バージョンアップに失敗します。
 --------------------
 バージョンアップスクリプトが異常終了しました。(1)サイボウズオフィシャルパートナー、または販売元にお問い合わせください。
 --------------------

補足:

  • Windows Server 2008環境では本現象は発生しません。

【回避方法】

 

バージョン 3.5.0へバージョンアップする前に、「Microsoft TCP/IP Version 6」を一時アンインストールしてください。

 

  1. Windowsのスタートメニューから、[コントロールパネル] > [ネットワーク接続] > [ローカルエリア接続]を選択します。

  2. [全般]タブで[プロパティ]をクリックします。

  3. 「Microsoft TCP/IP Version 6」を選択し、[アンインストール]をクリックします。

  4. バージョン 3.5.0 のガルーンへバージョンアップします。

補足:

  • バージョンアップ後は、「Microsoft TCP/IP Version 6」を再インストールし利用することが可能です。

 

【対応方法】

 

すでに現象が発生している場合はバージョンアップ前の環境を再構築し、【回避方法】の手順を実施した後に再度バージョンアップを実施してください。

関連記事

関連ワード

350Attention