014-005735

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

サイボウズ Office 9へバージョンアップすると自動ルックアップのリレーションが無効になる場合がある。

種別
不具合
機能
  • バージョンアップ
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 9.0.0
  • 9.1.0
  • 9.2.0
  • 9.2.1
  • 9.3.0
  • 9.3.1
  • 9.3.2
  • 9.3.3
  • 10.0.0
  • 10.0.1
  • 10.0.2
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
  • 10.3.0
  • 10.4.0
  • 10.5.0
  • 10.6.0
  • 10.6.1
  • 10.7.0
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
  • 10.8.3
  • 10.8.4
  • 10.8.5
改修バージョン
公開日
2012-12-04
更新日
2014-03-15

【準備】

  1. デヂエをインストールします。

  2. 次のフィールドを含むライブラリを追加します。

    例:
    • ライブラリ1
      文字列A (文字列フィールド)
      文字列B (文字列フィールド)

    • ライブラリ2
      文字列a (文字列フィールド)
      自動ルックアップ (自動ルックアップフィールド)

  3. ライブラリ2に次のリレーションを設定します。

    • 関連付けるライブラリ:ライブラリ1
    • キーになる項目:文字列a ⇔ 文字列A
    • 関連付けるフィールド:自動ルックアップ ⇔ 文字列B

  4. ライブラリ1に任意のレコードを複数件登録します。

  5. ライブラリ1に次のようなレコードを登録します。

    • 文字列A:ShiftJISのIBM拡張文字(例:「濵」、「﨑」など)を含んだ文字列
    • 文字列B:任意の文字列

  6. ライブラリ2で、手順5で登録した文字列Aを登録します。

  7. 自動ルックアップフィールドに正常に値が入力されることを確認します。

 

【再現手順】

  1. サイボウズ Office 9にバージョンアップします。

  2. ライブラリ2を確認します。

 

→現象発生:
 自動ルックアップフィールドの値が空欄で表示されます。

補足:

  • サイボウズ Office plus デヂエでも、同様の現象が発生します。

【回避方法】

 

次の操作で、自動ルックアップ項目の表示が有効になります。

  1. バージョンアップ後のライブラリ1のレコードをCSVで書き出します。

  2. レコードを一括削除します。

  3. 手順1で書き出したCSVファイルを読み込みます。

関連記事