001-005783

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

CSVファイルでユーザー情報を読み込む際、「表示優先度」「使用/停止」項目に「*」を指定しても、元の設定値が保持されない。

種別
不具合
機能
  • システム設定
再現バージョン
  • 3.5.0
改修バージョン
3.5.1
公開日
2012-03-29
更新日
2012-04-27

【準備】

  • 次のユーザーを作成します。
    • 名前:ユーザー1
    • 表示優先度:10
    • 使用の停止:チェックなし(使用中)

     

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインします。

  2. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [CSVファイルへの書き出し] > [ユーザー情報]の順にクリックし、ユーザー情報をCSVファイルに書き出します。

  3. CSVファイルを編集し、ユーザー1の「表示優先度」「使用/停止」項目をそれぞれ「*」にします。

  4. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [CSVファイルからの読み込み] > [ユーザー情報]の順にクリックし、ユーザー情報をCSVファイルから読み込みます。

  5. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックし、ユーザー1の詳細画面を開きます。

→現象発生:
 表示優先度が「なし」、使用状態が「停止中」に変更されます。

 

→正しい結果:
 表示優先度が「10」、使用状態が「使用中」のまま変更されません。

 

補足:

  • 手順3で「表示優先度」「使用/停止」以外の項目に「*」を指定した場合は、元の設定値が保持されます。

  • ガルーン 2 連携APIを利用してユーザー情報をCSVファイルから読み込んだ場合も、同様の現象が再現します。

  • ガルーン 2 連携API サンプルプログラム(application、ldap)を利用した場合も同様の現象が再現します。

【回避方法】

 

読み込み用のユーザー情報CSVファイルを作成する際に、既存ユーザーの「表示優先度」「使用/停止」項目にはすでに設定されている内容を指定してください。

 

例:

現象を回避する設定:
------------------------

現ログイン名 名前    … 表示優先度 使用/停止 … 社員番号
user1     ユーザー1 …  10        1     … *

------------------------

 

現象が再現する設定:

------------------------

現ログイン名 名前    … 表示優先度 使用/停止 … 社員番号
user1     ユーザー1 …  *        *     … *

------------------------

 

補足:

一度ユーザー情報をCSVに書き出し、「表示優先度」「使用/停止」項目をコピーすることで対応できます。

 

【対応方法】


システム管理画面で「表示優先度」「使用の停止」項目を再設定してください。

  1. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックし、ユーザー1の詳細画面を開きます。

  2. [変更する]をクリックし、「表示優先度」「使用の停止」項目を再設定します。

  3. [変更する]をクリックします。

関連ワード

350Attention