001-005844

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

マルチレポートの再利用作成時に、「参加者」に追加したユーザーを「参加者以外の通知先」にも追加できる。

種別
不具合
機能
  • マルチレポート
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.7.0
  • 3.5.5
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2013-02-28
更新日
2013-02-28

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • マルチレポートのカテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • マルチレポートのレポートフォームを追加します。

    例:
    カテゴリ:カテゴリ1
    レポートフォーム名:レポートフォーム1
    使用する入力欄:「参加者」にチェックを入れる

  • レポートフォーム1を有効にします。

 

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[マルチレポート] > [レポートを作成する] > [カテゴリ1] > [レポートフォーム1]の順にクリックします。

  2. 「参加者」で追加したユーザーを「参加者以外の通知先」にも追加し、[内容を確認する >>]をクリックします。

    例:
    標題:レポート1
    参加者:ユーザー1
    参加者以外の通知先:ユーザー1

  3. 「参加者」に追加したユーザーが「参加者以外の通知先」から削除されていることを確認します。

    例:
    参加者以外の通知先:(0人)

  4. [作成する]をクリックします。

  5. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[マルチレポート] >  [受信一覧] > [レポート1] > [再利用する]の順にクリックします。

  6. 「参加者」に追加したユーザーを「参加者以外の通知先」にも追加し、[内容を確認する >>]をクリックします。

    例:
    参加者:ユーザー1
    参加者以外の通知先:ユーザー1

 

→現象発生:

 手順3と異なり、「参加者」に追加したユーザーが「参加者以外の通知先」にも追加されます。

 例:
 参加者以外の通知先:(1人) ユーザー1

 

→正しい結果:
 「参加者」に追加したユーザーは「参加者以外の通知先」から削除されます。

 例:
 参加者以外の通知先:(0人)

 

補足:

  • 現象が発生した状態で[作成する]をクリックすると、「参加者」に追加したユーザーが「参加者以外の通知先」にも追加された状態で登録が完了します。

    例:
    参加者以外の通知先:(1人) ユーザー1

【対応方法】


「レポートの作成(内容の確認)」画面で、[<< 前の画面に戻る]をクリックし、「参加者」に追加したユーザーを「参加者以外の通知先」から削除します。

関連記事